●ようこそ、レイキの世界へ! 「レイキを知りたい!」 「深めたい!」 みんなのための、NPO情報提供サイト   http://www.reiki.or.jp/

 レイキの  > P4:臼井甕男氏について
    【レイキの歴史 もくじ】 ●文字をクリックできます!
・P1 レイキの歴史
・P2 レイキの現状と、これからの課題
・P3 レイキ伝達の系譜図
・P4 臼井甕男氏について


P4
臼井甕男氏
について

(このページの内容)

・臼井甕男氏について
・臼井氏は、なぜこれほど有名になったのか
【臼井甕男氏について】

臼井甕男(うすい みかお)氏は勤勉な努力家で、
経済的に苦しみながらも欧米、中国に渡航して各種の学びを深めました。
また、さまざまな職業を体験し、幅広い人生経験を積み重ねました。

やがて人生の目的は何かと探求するようになり、
「安心立命を得ることである」という認識に到達します。

これが臼井氏の第一の悟りであると言われています。


安心立命の境地を求め、京都の寺で座禅修行に励んだ臼井氏ですが、
3年間の修行にも関わらず求める境地が得られませんでした。

思い余った臼井氏は、禅僧である師に尋ねました。

「安心立命の境地に達するには、これからどのように修行すれば
よいでしょうか?」

すると師は一言、「一度死んでみることだな」と、事もなげに答えました。


ショックを受けた臼井氏は思いました。
「人生の目的である安心立命が得られないのなら、
このまま生きていても価値がない。
悟りが完成しないのであれば、自分の人生ももうこれまで」

そして覚悟を決め、京都郊外にある鞍馬山にて断食を開始したのです。


こうして3週間目の深夜、突如落雷を受けたような衝撃が脳天を貫き、
意識不明の状態に陥りました。
一夜が明け意識を取り戻した臼井氏は、
未だ体験したことのない不思議な感覚を体験します。

「私は宇宙だ、そして宇宙は私だ」
という声が鞍馬山全体に響き渡るような感覚でした。

(これが現在伝えられている、「宇宙即我、我即宇宙」という言葉に
繋がると思われます。)


求めていた悟りの境地を完成した臼井氏は山を下る途中、
木の根に躓いてしまいます。
ところが、うずくまって足の爪が剥がれた箇所に手を当てていると
即座に痛みが取れてしまったのです。

他にも、帰宅道中虫歯で苦しんでいた人に手をかざすと痛みが止まったり、
帰宅後には病床に伏していた夫人の肩に手を触れると快癒するなど、
次々と不思議な体験が続きます。

こうして臼井氏は癒しの力が自分に与えられている事に気づく事になるのです。


臼井氏に再び大きな気付きが訪れました。

「人は幸福を求めているが、現実には病気や
不幸な出来事に苦しんでいる人が多い。」

「けれども人が宇宙から使命(役割)を与えられ
生かされている存在であるとするなら、
宇宙が人の病気や不幸を望むはずがない。」

「人は本来、宇宙から健康に、幸福につくられているが
人がそれに背を向けて生きているに過ぎない。」

「人は小宇宙といわれるが、本来の健やかな状態を取り戻すには
大宇宙との響き合いが必要である。」

「両者を繋ぐものは気と光であり、それがレイキだと言われている。」

「宇宙レイキは周囲に満ちているのだから、
体内レイキとの響き合いが出来ればよい。」

「数々の体験から、手当てによる癒しの力は
明らかに宇宙レイキと体内レイキとの共鳴によって起こっている。
また安心立命の境地も、宇宙レイキと体内レイキの究極の
共鳴状態に他ならない。」

「今このような癒しの力を与えられたのは、
誰でも出来る手当て療法を入り口として
安心立命への道を伝えるようにという天からの啓示に違いない」

臼井氏はこれをレイキ療法と名づけ、
この療法を縁ある人に伝えていこうと決意し、
教え(五戒)と指導体系を創って、
臼井霊気療法学会を設立されました。


※臼井レイキ療法が画期的であり、これほどまでに
世界中で普及した最大の要因は、
臼井氏が誰でも安全に自己または他者をヒーリング出来る
『アチューンメント』というメソッドを確立したことです。

(我々はアチューンメントによって、
臼井氏のエネルギーを伝授されるわけではありません。)

(アチューンメントとは、もともとその人が持っているのに知らずに眠らせて
いる潜在能力を覚醒させ、おもてに引き出して発動させる手順です。)

※レイキ療法は信仰システムではありません。便利な『伝統手当て療法』です。

【臼井氏は、なぜこれほど有名になったのか】

臼井氏がなぜこれほどに有名になったのか、そして
100年以上前、日本国内に(臼井式以外にも)いくつも存在していた
『レイキ療法』の中で、なぜ臼井氏のみが突出したのか。

世界中にも多数のエネルギーワーク、エネルギーヒーリングが存在していたのに、
なぜ『臼井式レイキ』が欧米でこれほどまでに普及したのか。

それは、『誰もがレイキエネルギーを扱えるようになれる、
アチューンメントというメソッド』を確立したからです。


通常、一般にエネルギー・ワークやエネルギーヒーリングは、
生まれつきの才能の持ち主以外はなかなか有効に行なえないものです。

手のひらからエネルギーを流す事が出来、ヒーリングができるというのは、
特別な才能を持った人だけの特技であり、逆に
その才能素質を持たない人にとっては、習得に長い時間がかかったり、
日々の修行訓練が必要だったり、いつまで修行を続けても 
なかなか効果的に行なえるほどの実力が身に着かないなど、
難しい種類のものなのです。

ところが臼井式レイキの場合、本当にどなたでも習得可能です。
しかもコツさえ掴んでしまえば短期間でヒーリングが出来るようになったり、
レイキエネルギーを使いこなせるようになります。

この点が他者とは違い、優れていたのです。




【レイキ辞典 もくじ】 ●文字をクリックできます!
 
・レイキを知る
・レイキを学ぶ
・もっと使いこなす
・さらに極める

・レイキの歴史
・レイキ用語辞典(50音順)
・レイキQ&A
・当協会へのリンクについて

・レイキ最新ニュース/レポート
・レイキお役立ち教材ツール

・国内外のレイキマスターリンク集

・法人概要
・NPO法人とは?
・マスコミ掲載/取材について
・お問い合わせ


禁・無断引用・無断転載  “レイキ辞典” presented by NPO法人 日本レイキ協会