●ようこそ、レイキの世界へ! 「レイキを知りたい!」 「深めたい!」 みんなのための、NPO情報提供サイト   http://www.reiki.or.jp/

   > P4:アチューンメントについて中級〜上級編
    【レイキにまつわるQ&A もくじ】 ●文字をクリックできます!
・P1 レイキについて 初級編
・P2 レイキについて 中級〜上級編
・P3 アチューンメントについて 初級編
・P4 アチューンメントについて 中級〜上級編
・P5 レイキの効果について / 海外での普及状況
・P6 手当て療法について 初級編
・P7 手当て療法について 中級〜上級編
・P8 ひびきについて
・P9 シンボルについて
・P10 遠隔ヒーリングについて
・P11 交流会・複数人数のレイキについて
・P12 レイキマスターになるには


P4
アチューンメント
について
中級〜上級編













(このページの内容・もくじ) 文字をクリックできます!


Q:アチューンメントって、結局何が行なわれているのですか?

    「レイキの回路を開く」とは、つまりどういう意味ですか?


Q:「能力の高いレイキティーチャーからアチューンメントを受けた方がよい」という人がいる反面、

    「それはあまり関係ない」という人もいて迷っています。

    回路を開くティーチャーによって、レイキのヒーリング能力やレイキの質に変化は出るのでしょうか?
  
    それともそれはアチューンメントを受ける側の器や霊性によるところが大きく、ティーチャーの能力は

    関係ないのでしょうか。

Q:セカンドレベルまでのアチューンメントを受講しましたが、その後、ネガティブな気が私の中に

    入ってくるのを感じるようになりました。どうしてですか?どうすればいいでしょうか?


Q:「セカンドレベルのアチューンメントを受けると、感覚が敏感になり、ネガティブな気を

    拾いやすくなる」と聞きましたが、本当ですか?

【アチューンメントについて 中級〜上級編】
Q:アチューンメントって、結局何が行なわれているのですか?
  「レイキの回路を開く」とは、つまりどういう意味ですか?


A:そもそもレイキのアチューンメントとは、
『伝授によって、レイキエネルギーの回路を開く』と言っていますが、
これは宇宙から何か特別な能力を持ってきて
あなたの体内に植えつけるような手順ではありません。

(つまりアチューンメントとは、特別なヒーリング能力を授かるための
儀式ではないのです。)

(稀に、自分自身がまるで超能力者か魔女など別物に変容するような
イメージを持たれているかたがいますが、それは誤解です。
レイキは特殊なものではありません。そしてあなたご自身も、
あなたご自身以外の何者にもなりません。)

初級編のQ&Aへのお答えと重なりますが、ここは非常に重要なポイントです。


では、中級〜上級者に向けた回答をいたします。

本来、動物や赤ちゃんなどは、ちゃんと
レイキエネルギーを取り入れる回路が開いています。
(あなたも、もちろんそうでした。)

ところが年齢と共にその機能が劣化・鈍化したり、
左脳の成長と共に『自力を使う』(つまりご自身の持つ個人エネルギーを使う)
という方法を覚えることにより、『宇宙の根源的な生命力エネルギー』を
うまく体内に取り入れる機能がさび付いてしまっただけなのです。

「上手く機能しなくなり、長年さび付いていたシステム」。
これを再び使える状態に整備し、スイッチオンの状態にする」のが、
『レイキの回路を開く』、つまりアチューンメントです。
(これを行なうのが、レイキマスター(レイキティーチャー)の役割です。

アチューンメントとは、周波数あわせ、というような意味です。


(※人類の全員が、エネルギーの回路がさびついているわけではありません。
当然個人差があります。)

(※ですので、必要を感じられるかたのみ、アチューンメントを受講されれば
いいかと思います。あくまでも個人の自己責任のもと、決断なさってください。
他人の不用意な言葉に惑わされる必要はありません。)

(※ご自分にレイキのアチューンメントが必要かどうか、
その判断に迷われる場合には、ひとまずレイキ説明会・説明会・体験会・
レイキヒーリング 等を受けてみられることをおすすめします。
それも一箇所だけではなく、色々な流派系統のレイキマスター(ティーチャー)、
団体を訪ねてみられるといいでしょう。

(※その後あなたの納得に応じて、信頼のおけるレイキマスター(ティーチャー)から
アチューンメントを受けられるのがいいかと思われます。)
                                          

Q:「能力の高いレイキティーチャーからアチューンメントを受けた方が
  よい」という人がいる反面、「それはあまり関係ない」という人もいて
  迷っています。

  回路を開くティーチャーによって、レイキのヒーリング能力やレイキの質に
  変化は出るのでしょうか?
  それともそれはアチューンメントを受ける側の器や霊性によるところが大きく、
  ティーチャーの能力は関係ないのでしょうか。

A:ティーチャーの能力は、関係あるとも言えますし、ないとも言えます。
今から説明いたします。

アチューンメントというのは、先ほどの質問でも回答させて頂きましたように、
ラジオの周波数合わせをイメージして頂くと、
より理解していただきやすいかと思います。


◆長く使っていなかったので、スイッチがさび付いていて受信がうまく出来ず、
 音楽を聴くことが出来なくなっているかた。

◆周波数が調整できず、雑音ばかりが聞こえてきている状態のかた。
 (クリアな生命力エネルギー以外の、別のエネルギーを回路から取り入れておられるかた。)


このような状態を、レイキティーチャーはまるで技術者のように調整致します。
もともとのラジオはちゃんと我々一人ひとりが持ち合わせています。
(ラジオのような装置を、宇宙のどこかから持ってきて設置するわけではありません。)

優れた技術者は、クリアな音が流れるようにキチンと周波数(波長)を合わせてくれます。
けれどもレベルの低い技術者であれば
「音楽は受信できるようになったがまだ雑音が混じっている」
ということになるでしょう。

という事は、レイキティーチャーのアチューンメント能力は、
受講者にとって影響があるという事になり、
ティーチャーによって差が生じることは否定できません。


けれども、実は受講者側の『器』、つまり意識波動レベル・精神性、
その後のレイキ実践への取り組み意欲、心の姿勢・生き方次第によって、
レイキの恩恵を享受する度合いに差が生じるのです。

つまり、受講者自身が(いかなるレイキティーチャーから
アチューンメントを受けようとも、)その後、意欲的に自己ヒーリングを実践し、
心を安らかに保つよう心がけながら出来る限り『我欲』(エゴ)を横へ置き、
コントロールを手放していくならば大きな変化・変容を体験されるでしょう。

ともあれ、受講者ご自身がアチューンメント後、レイキを信頼し、
『レイキによってすべてが調和に導かれますように・・・』
という『お任せ』の気持ちで実践を積む事のほうが、
『能力のあるレイキティーチャーからアチューンメントを受けたかどうか』
よりもずっと重要であり影響力を持っていると言えるでしょう。

まとめると「回路の開通はレイキティーチャーの責任」
「維持向上は受講者本人の責任」ということになります。


(※レイキティーチャーが、『レイキエネルギー』ではなく
別のエネルギーを受講者に伝授した場合は、この限りではありません。
また、レイキエネルギーではない別のエネルギーを伝授しているかたであっても
「レイキを伝授しています」と謳っているかたもいます。)

レイキティーチャー自身が、自分の学んだ流派系統や、
臼井式レイキなのか非臼井式なのかについて知らないケースもあります。

残念な現状ですが、現在はこれを嘆いてもしかたがありません。
よって、ご自身の自己責任においてレイキティーチャーを選別される事を
おすすめいたします。

(※レイキ以外のアチューメントを誤って受講された場合には、
再度別のレイキティーチャーによってレイキエネルギーのアチューンメントを
受講してください。)
                                          

Q:セカンドレベルまでのアチューンメントを受講しましたが、
その後、ネガティブな気が私の中に入ってくるのを感じるようになりました。
どうしてですか?どうすればいいでしょうか?


A:シンボルやマントラを使いこなすコツがまだ会得できておらず、
『手のひらを無にする』『我を入れない』という状態ではなく、
『我を入れる』、つまり意識や念を使う、という状態になっておられるようです。

ネガティブな気はあなたの中に入り込んで来たのではなく、
あなたが相手のかたの状態に波動共鳴(共振)してしまうことで、
相手のかたの状態をコピーしてしまったにすぎません。

(これは、情の厚い方、優しい方に起こりやすいものです。
相手のつらさを理解したい気持ちが強いために、ついつい相手を
思いやってしまうからです。また空気を読めるかた、感受性の強い方も、
この状況に苦しまれることがあります。)


無意識のうちに相手の感情波動や身体波動に共鳴してしまう事に
長けておられるために、このような事になるのですが、
まずここに気づかれる必要があります。
原因はあなたにある、という事です。

・自ら相手に共鳴しに行っている、だから自らコピーしてしまったという事
・コピーしているだけなので、相手のネガティブな気をもらったわけではないという事
・そのネガティブな気は『幻』でしかないので、断ち切ることが可能だという事
・あなたがコントロールできるのだという事

をまず知っておかれるといいでしょう。

あとは、意識波動を高めるために浄心呼吸法や発霊法、
レイキシャワー、自己ヒーリングを積極的に行なってください。
                                          

Q:「セカンドレベルのアチューンメントを受けると、感覚が敏感になり、
  ネガティブな気を拾いやすくなる」と聞きましたが、本当ですか?


A:いいえ。
レイキのセミナーを受けて、ネガティブなものを拾いやすくなることはありません。

もしもネガティブな気を拾いやすくなるかたがおられるのであれば、
そのかたはレイキでないものを受け取っている、あるいは
他の人の感情波動・身体波動をコピーしている事と思われます。

レイキのアチューンメントにより、エネルギーに対する感覚が
さらに鋭敏になることはありますが、エネルギーを敏感に感じとれる事と
それを無意識のうちにコピーして苦しむこととは、全く違います。

発霊法、浄心呼吸法、レイキシャワー等を上手に活用して、
受講者自身が自らの意識波動レベルを高く保っていられるようになれば、
ネガティブな気の影響を受けずにいられるようになります。

逆に、アチューンメント後「ネガティブな気の影響を受けにくくなった」と
よろこばれるかたの声も多いものです。
                                          























































































































































































◆補足:

当NPO日本レイキ協会は、
「臼井式レイキを学びたかったのに、臼井式以外のエネルギー伝授を受け、受講後にその事実を知った」

または
「臼井式以外のエネルギーを伝授されたという事自体に受講者が気づいていない」

さらには
「実際にはアチューンメントが行われなかったのに、遠隔伝授だったために受講者本人は気づいていない」

「遠隔伝授(遠隔アチューンメント)を受講したために、アチューンメントが行われたかどうかの確認が取れない」

といった被害やリスクを軽減するために、公益事業の一環として、この『レイキ辞典』サイトを作成し、一般公開しております。



※当会は指針に合致しないレイキティーチャーを否定・排斥するものではありません。

※当会は、遠隔アチューンメントを否定するものではありません。



【レイキ辞典 もくじ】 ●文字をクリックできます!
 
・レイキを知る
・レイキを学ぶ
・もっと使いこなす
・さらに極める

・レイキの歴史
・レイキ用語辞典(50音順)
・レイキQ&A
・当協会へのリンクについて

・レイキ最新ニュース/レポート
・レイキお役立ち教材ツール

・国内外のレイキマスターリンク集

・法人概要
・NPO法人とは?
・マスコミ掲載/取材について
・お問い合わせ


禁・無断引用・無断転載  “レイキ辞典” presented by NPO法人 日本レイキ協会